美容師のシザーケースを追求

長年、美容師用の仕事道具でもある
シザーケースをデザイン製作してきた。
今まで思考錯誤、生まれては、消え、様々な種類のシザーケースをデザインした。

それでも、結果的に残ったのは、
数点のカタチとなる。

使用感に無駄のない、研ぎ澄まされた感覚は、日本の職人が造るモノ創りに継承される。

プロの美容師、スタイリストの方々に
デザイン、使い心地と共に満足をして
頂けるカタチを追求し続け、
世の中に還元していきたい。

我々の世代が、国内製造に目を向け
成長の筆跡、流れを見出していきたい。

最新テクノロジーを搭載した機械を
操るハイブリッドな職人の育成。

一世代昔の、製造方法の延長線上では
成就しない。

何か実現できる方法はあるはず。

前進。

不完全でも、動く事。
それが道をひらく…。

フローリストケース

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)